東海インプラントインスティテュート

ワハハキッズ デンタルランド
患者様からのありがとうの声
  • お支払い方法・カード払いOK
  • 医療費控除について
  • よくある質問コーナー
  • 個人情報保護方針
  • お悩み相談会
  • インプラントカウンセリング
  • 矯正相談会
日本歯科振興会
インプラント使用本数、東海地区(愛知、岐阜、三重、静岡)第1位
アプラスデンタルローン
岡田孝志院長取材記事|ドクターズ・ファイル

●インプラントの症例紹介-6

2009.9.28 抜歯即時埋入ソケットリフト1-1 (骨高1~2mm)

40代男性
右上6番の歯に痛みを感じて来院された患者さんです。

2009.9.28 抜歯即時埋入ソケットリフト1-2 (骨高1~2mm)

そこで、CT断層写真を撮ってみました。 

内側の骨が完全に破壊されてしまっていて、歯を保存できる状態ではありませんでした。
上顎洞までの骨高は1~2mmで、骨量はかなり不足していますが、患者さんと相談のうえ、抜歯即時埋入ソケットリフトを計画しました。

2009.9.28 術後デンタル画像

まず、保存できない歯を丁寧に抜歯して、不良肉芽を完全に除去した後、上顎洞粘膜を挙上し、骨補填材を充填したあと、径3,75mmx11,5mmのインプラントを埋入しました。

2009.9.13 ソケットリフト+GBR症例  (60代女性) 術前

右上にインプラントを希望。他医院から紹介されて当院を受診された患者さんです。
骨量不足のため、ソケットリフトを, また、骨幅不足のため、GBRを計画しました。

2009.9.13 術後

まず、シュナイダー膜を破壊しないように、ピエゾサージェリーで上顎洞底骨を抜き、骨補填剤にて、膜を挙上した後、径3,75x11,5mmのインプラントを2本埋入。その後、骨幅も不足していたため、骨補填材と吸収性メンブレインを併用しGBRを施行して、丁寧に縫合して、手術を終了しました。

24時間WEB予約
PAGETOP