東海インプラントインスティテュート

ワハハキッズ デンタルランド
患者様からのありがとうの声
  • お支払い方法・カード払いOK
  • 医療費控除について
  • よくある質問コーナー
  • 個人情報保護方針
  • お悩み相談会
  • インプラントカウンセリング
  • 矯正相談会
日本歯科振興会
インプラント使用本数、東海地区(愛知、岐阜、三重、静岡)第1位
アプラスデンタルローン
岡田孝志院長取材記事|ドクターズ・ファイル

●インプラントの症例紹介-11

2008.12.3   《術後》

まず患者様と相談の上、大2小臼歯を抜歯し、上顎洞の2つの部屋のうち前の部屋は上顎洞粘膜を挙上し、そこに骨補てん材を用いてインプラントを2本埋入しました。つづいて、後の部屋にも同様に、上顎洞粘膜を挙上し、骨補てん材を使用し、ここには1本のインプラントを埋入しました。たいへんきれいに手術を終了することができました。

2008.12.3 ■ サイナスリフト+抜歯即時埋入症例  (50歳代女性) 《術前》

上顎部分入れ歯の患者様で、インプラントを希望されて来院されました。第1、第2小臼歯の部分は抜歯即時埋入、大臼歯部は骨量不足のため骨増生が必要でしたので、2回法のサイナスリフト法を予定しました。

2008.12.3  《術後》

患者様と相談した結果、小臼歯部は抜歯と同時にインプラントを2本埋入し、大臼歯部は2回法のサイナスリフト法で、1回目は窓あけをして粘膜を挙上し、そこに骨補てん材のみ使用しました。今後、数ヶ月待ってインプラントを埋入する予定です。

2008.12.3 ■ ソケットリフト症例 (60歳代 女性) 《術前》

上顎部分義歯の不調のため、インプラントを希望して来院されました。後方の部位は上顎洞のため骨量が不足していましたので、このままではインプラントが不可能と思われました。

2008.12.3 《術後》

患者様と相談の上、ソケットリフトという術式を行いました。まずオステオトームという器具を用い、上顎洞粘膜を注意深く挙上し、そこに骨補填剤を用い、さらに長さ10mmのインプラントを埋入しました。術前の写真と見くらべると、粘膜が7~8mm挙上していることがわかると思います。

24時間WEB予約
PAGETOP